更年期障害 対策

「更年期障害とは不定愁訴である」と言われる大きな理由は何か?

更年期障害とは閉経後の女性ホルモンの低下に伴い、心理的ストレスと本人の体質が複雑に関係して、ホルモンバランスを崩してしまうことにより起こってしまう症状のことをいいます。

この更年期は誰もが必ず通過する年齢なので、自分の身体の変化を受け入れなければいけません。年齢とともに身体は変化し、その変化に伴う症状は全ての人が同じということではありません。女性ホルモンが低下することが原因として考えられていても、更年期症状が全ての人には出ていないということです。ほとんど症状が表れない人もいれば、何年も複数の症状に悩まされる人など、様々であるのはどうしてなのでしょうか?日によって表れる症状が変化したり、その変化に振り回される苦痛などで、精神的なダメージを受けることもあります。また、対処方法や治療方法もいろいろあり、ホルモン補充療法から漢方療法、カウンセリングなどの精神療法などいろいろあります。生活習慣も大きく影響していて、食生活や規則正しい生活を送ることで症状が緩和できるともいわれています。

特定できない症状、特定できない原因、人によって様々である更年期障害のいろいろな特徴から更年期障害が不定愁訴と言われるのだと思います。複数の不調な自覚症状があるのに、原因が分からないというのは、本当に悩めることです。この不快で不調な症状をできるだけ軽減できるようにするために、個々で努力が必要なのです。

こういった悩みが多いことから、私たちはよりよい更年期医療を望んでいます。高齢化に伴い、これからも更年期障害の症状を訴える人たちは増え続けるでしょう。更年期を明るく前向きに過ごすために、更年期医療の充実を願っています。

40代、50代の女性が情緒不安定にならないためのストレス解消法

40代後半から原因がよくわからない体調不良が続くときは、更年期障害の可能性があります。閉経前後に女性ホルモンであるエストロゲンが減少することから、ホルモンバランスが乱れ自律神経に影響を与えてしまい、さまざまな調節機能がうまく働かずに身体全身に不調な症状をもたらします。更年期障害の症状は非常に個人差があり、今までのストレスや生活環境なども大きく影響しているといわれています。

私たちはストレスを受けるとストレスホルモンを分泌させます。このホルモンは循環器系や消化器系、免疫系などに影響を与え、更年期障害の症状をさらに悪化させてしまいます。更年期障害はホルモンバランスの乱れが要因の一つであると考えられているので、さらにホルモンバランスの安定を保つことが難しくなってしまうのです。子供たちからの育児から解放はされたものの、受験や就職、結婚などの問題、親の介護、夫の仕事のことなど悩みは絶えず、母親として、妻として、そして一人の女性としての自信の喪失感など、まじめにいろいろ頑張り過ぎてしまう人ほどストレスを抱えてしまうようです。

更年期に抱える悩みには、今の自分やこれからの老後についてストレスをためることが多いのです。ストレスをためないためには、これからの自分の人生について話し合える環境が周りにあるといいでしょう。女性でもやりがいのある仕事や好きな趣味を見つけて、それらを共通に話し合える人がいることはとても大切です。信頼できるパートナーがいるのであれば、相手を思いやり、今の生活をお互いが尊重し合えると、とてもいい関係が築き合えることでしょう。

更年期障害の症状を悪化させる原因として、生活習慣の乱れによるストレスもあげられます。睡眠不足と運動不足は特に影響が大きいので改善するように努力しましょう。しかし、睡眠障害が更年期の症状にもあるので、就寝前の軽い運動で適度に身体を疲れさせたり、入浴時にマッサージをするなど、質の良い睡眠になる方法を上手に取り入れるようにしましょう。そして、更年期の運動に適しているのはウォーキングと水泳などの有酸素運動です。深呼吸を自分で意識しながらするので、自律神経を安定させ、血液循環を良くします。これは、更年期障害の症状を軽減し、適度に汗を流すことでストレス解消にもなります。

40代、50代はまだまだ女性として魅力を出して美しく過ごしたい時期でもあります。ストレスは老化の原因にもなるので、自分に合ったストレス解消法を見つけ更年期を楽しく過ごしたいですね。

乾燥は皮膚だけではない!更年期障害の喉の乾燥と咳の関係

更年期になると減少する女性ホルモンのエストロゲンは、皮膚や粘膜を保護し、潤いを保つ作用があります。ですので、更年期は皮膚が乾燥するのと同じように、喉の乾燥もすすみ、粘膜も弱くなるので、咳が出てしまうことがあります。エストロゲンの減少は不快な症状を全身のあらゆる箇所にもたらします。

また、ホルモンの低下だけではありませんが、精神的に強いストレスがあると不安がつのり喉の乾燥から咳が発生すると考えられます。そして、加齢により免疫力も低下するので、喉から気管支にかけて炎症が起こることで咳も出ます。

更年期でも咳を防ぐために喉に潤いを与えることは必要になります。喉の乾燥を軽減するには、やはり水分補給を心がけることが大切です。更年期障害の症状であるホットフラッシュにより、上半身がほてり、大量の汗が出ることがあるので、身体の水分は想像以上に排出されています。ですので、こういった症状がある場合にも水分を十分に摂取しないと、喉の乾燥から咳の症状を発症してしまうのです。更年期には頻尿を心配して水分を摂取することを拒んでしまうかもしれませんが、口に少量含むだけでも効果があるので、口や喉の渇きを感じたら水分を補給しましょう。そして、空気が乾燥しているときは喉の渇きも感じやすいので部屋の湿度にも注意しましょう。

喉の乾燥が更年期障害の症状であると思っていても、他の病気の可能性もあるので、水分を摂取していても症状が治まらないときは、一度病院で尿検査や血液検査をお勧めします。

また、乾燥を防ぐ自分での対処法としては、唾液の分泌を促進するマッサージも効果的です。エラ骨の下を指圧してみたり、舌を上下に動かしてみましょう。

情緒不安定の悩み解消!自宅でできるらくらくヨガ体験

更年期障害の症状を自覚し始め、自分の身体の変化を実感して、老化への不安を感じるようになっていませんか。自分でコントロールできない更年期障害の辛い症状を早く解消したいと思っていても、なかなか有効的な治療方法が見つからず悩んでいる人も多いかと思います。ホルモン補充療法については副作用の不安があるために治療に踏み込めず、倦怠感ばかりがつのり、精神神経症状の悪化へとつながってしまいます。

更年期障害の症状はストレスをためると悪化する要因もあるので、適度な運動をして気分も身体もリフレッシュすることが症状の緩和にとても効果が高いといわれています。その運動方法にヨガがあげられます。

最近の健康ブームでヨガは数年前からとても人気が高く幅広い年齢層に親しまれています。ヨガの特徴は自分で意識しながら呼吸を整えるので、自律神経をコントロールするための精神力を鍛えるとともに、柔軟を含めたしなやかな動きで姿勢や筋力を整え、身体を内側から鍛えます。運動といってもスピード感を重視する運動ではないので、自分の呼吸に合わせ、自分自身がリラックスできるペースで行うので負担がありません。大きく深呼吸することも動悸や息切れなどの更年期障害の症状である精神神経症状にはとても効果があり、自分で症状を緩和する方法を見つけ出すことにもつながります。

ヨガのスタイルはさまざまあり、ポーズの種類もとても豊富です。理想は身体がじんわりと温かく感じるぐらいの運動量がいいのですが、朝晩にいくつかのポーズをするだけでも気分はリフレッシュされることでしょう。お風呂上りやハーブの香りに囲まれながらヨガをすることはさらに効果がアップします。是非自分の気に入ったスタイルで少しずつヨガを始めてみましょう。

情緒不安定にリラックス効果を求めて!更年期障害に効くお茶とは

更年期になると、イライラしたり落ち込んだりと、情緒不安定な精神状態になることがあります。原因は、女性ホルモンの低下により、ホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスも崩れることから自律神経失調と同様な状態になるのです。

情緒不安定な症状が出たら、気持ちを落ち着かせて気分転換になるような生活を心がけると、症状を緩和することができます。自分はどんなことが好きなのか、どんなことがしたいのか、と自分の心と向き合い、自分についてゆっくりと見つめなおす時間ができるといいと思います。

まず、ゆったりとした時間を過ごすことを考えましょう。そして、ゆったりとリラックスした時間を過ごす時に症状を緩和させる効果のある健康茶を一緒に飲んではいかがでしょうか?更年期障害の症状を緩和させてくれる効果のある健康茶を2種類紹介しましょう。

1)たんぽぽ茶
たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根っこを焙煎してから荒挽きの粉にして煎じるお茶のことをいいます。コーヒーと色や香りが似ているので、たんぽぽコーヒーともいわれています。ノンカフェインなので安心して飲むこともできます。たんぽぽ茶の効能で注目したいのが、卵胞刺激ホルモンの分泌をアップすることです。卵胞刺激ホルモンは、エストロゲンの分泌を促進する役目があります。つまり、卵胞刺激ホルモンの分泌が増えることは、更年期に低下する女性ホルモンのエストロゲンの分泌も増えるので、ホルモンバランスの乱れを安定させる効果があるということなのです。このたんぽぽ茶には女性ホルモンと似た成分が含まれているので、不妊の改善にも良いといわれています。

2)黒豆茶
黒豆茶に含まれる大豆イソフラボンが更年期に低下する女性ホルモンに良いとされています。つまり、イソフラボンが女性ホルモンの作用と良く似ているので、更年期障害の症状を軽減してくれます。黒豆茶には、抗酸化作用のあるサポニンや、便秘解消の食物繊維、身体の代謝に良いビタミンB群の栄養素も多く含まれているので美容と健康にとても効果があります。

更年期障害の予防と改善にはもちろん、毎日の健康維持のためにも健康茶をおいしく飲みましょう。

更年期障害の診断をするための検査と治療方法

40歳後半になった頃から更年期を自覚する症状が出始めます。病院を受診しようか迷う人も多いかもしれません。また症状は体の全身に起こるので、どの科を受診してよいのか迷うかもしれません。更年期障害の症状は女性ホルモンの低下が原因で体の不調を起こすので、まず婦人科を選ぶとよいでしょう。また、更年期外来を設けている医療機関もあるので、専門的知識が豊富であるところで診察すれば正しい診断と治療ができることでしょう。

更年期障害の症状は人さまざまであり、治療方法もいろいろあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。更年期障害の知識が豊富な専門医の診断をしてもらうことで、治療期間も変わってくるのかもしれません。そして、自己判断で症状を診断するよりも、病院に通うことは症状に対する考え方や治療方法を専門的な知識で教えてもらえるので、精神的にも楽になることでしょう。

病院ではじめて診察を受けるときには、1)自覚症状の内容、2)月経の有無 3)妊娠経歴 4)今までの病歴と現在治療中の病状 5)最近の生活リズムと食生活についてなどをメモしておくとスムーズに診察ができます。また、病院を受診したときの問診では更年期障害の症状について細かく聞かれることも多いです。生活習慣が更年期障害の症状に大きく影響するので、最近の生活や食生活についてもいろいろ聞かれます。

病院での検査は、ホルモン濃度を調べることができる血液検査を行うことが多いです。更年期のホルモン濃度の基準値があるので、その値と比べることで更年期障害が起こっているかを判断をします。また血液検査では生活習慣病についても知ることができるので、治療方法としてどのような生活習慣を送れば良いかなど、アドバイスもしてもらえることでしょう。

更年期障害の治療方法としては、ホルモン補充療法、漢方療法、そして精神療法のカウンセリングがあげられます。

ホルモン補充療法では更年期障害の症状が改善される効果が大きいということが一番の特徴です。ですが、ホルモン剤について抵抗感や副作用について不安が拭えないのが現実です。

漢方療法では、更年期でホルモンが低下してきた身体の変化に順応するために体質を改善する目的で使用されます。ですので、副作用が少ないというメリットがありますが、症状を緩和するまでに時間がかかるかもしれません。

カウンセリングでは、更年期障害の症状であるイライラやうつなどの精神神経症状を緩和する効果が期待されます。自分の症状を話すことで誰かに理解してもらえるといった安心感やリラックスする方法や気分転換のアドバイスなどを受けることで心の負担が軽減されることでしょう。

更年期障害の症状があるからといって落ち込むことはありません。いつか必ずこの症状から解放されるときがくるので、その時まで前向きに元気な更年期を過ごすようにしましょう。

40代を過ぎたら要注意!あなたの更年期障害度チェック

「夏でもないのに、少しでも身体を動かすと汗が大量に出る」「ご飯を食べるときにお茶碗やはしを持つ手がジンジンとしびれる」「寝るときでも靴下が手放せない」など最近不快な症状が出ていませんか?そしてあなたの年齢は40代ですか?

これは更年期障害の症状になります。更年期とは閉経の前後5年ぐらいの45歳~55歳の時期のことをいいます。卵巣の機能が低下して閉経になるので、卵巣機能がなくなるということです。この時期は女性としての身体の変化を迎える時期であるとともに、この変化に備える大切な時期でもあるのです。この大きな変化は、女性ホルモンの低下であり、このホルモンは女性が健康でいるためにとても大切な役目をしていたということです。よって更年期になるとさまざまな身体に変化を及ぼし、更年期障害の症状として不調を与えてしまっているのです。

覚えておきたいのは、更年期に入ったからと言って全ての人が更年期障害にならないということです。更年期に起こる体調不良の症状は更年期に入った人に対して、4人に3人の割合で起こるといわれています。そして、その中の4人に1人が更年期障害として症状が重い人で、病院で診断をされているといわれています。ですので、自覚症状としてあっても、自分自身のセルフケアで症状を緩和することができるのです。症状があるからといって、悩んでいるとどんどん重い症状になっていく可能性が大きくなることを理解しておきましょう。

自覚症状として身体の不調がいくつかあるのであれば、実際に更年期障害度のチェックをしてみましょう。

□顔がほてる、のぼせやすい □汗をかきやすい □動悸や息切れがある □下半身が冷える □手足の末端がしびれる
□眠つきが悪く眠りが浅い □関節痛がある □頭痛やめまいがある □情緒不安定になる □月経不順

以上の項目のうち3つ以上ある場合は更年期症状があるといえます。更年期障害の症状が緩和されるように、日頃から自分自身で適度な運動や規則正しい生活を送ることに心がけましょう。

大切なパートナーが更年期障害になった時の接し方

最近、大切なパートナーがだるそうにしていたり、イライラして情緒不安定など様子がおかしい、元気がないなぁと思ったことはありませんか?年齢が45歳過ぎたころから更年期の時期に入り、体中のいろいろな箇所で不調を訴えるようになります。これが更年期障害の症状になります。

更年期障害の症状は千差万別で個人差があり、自覚症状で分かることがほとんどなので、周りの家族が気付かないことも多いのです。この時期は子育ても一段落して、働いている人であれば職場での立場も確立され、自分の周りの生活環境も落ち着いてはいるものの、親の介護などがあったりと毎日の忙しさに日々追われていることでしょう。今まで頑張ってきた疲れやストレスが、ホルモンバランスの乱れと関係して更年期障害の症状を悪化させてしまうのです。症状としては、ほてりやのぼせと言われるホットフラッシュ、動悸や息切れ、肩こりや関節痛、倦怠感や不眠など、全身におよびますが、症状の軽い人もいれば長く症状が続いたり、一定のみの症状や複数発症したりと様々です。

更年期障害の症状は自律神経失調症とよく似た症状もあるので、メンタル的な要因も大きく、症状の改善には、やはりパートナーの存在はとても大きいのです。更年期障害の症状が出てしまうと、自分の身体で何が起こっているのか分からないような体調に精神的なダメージが大きいです。そばにいるパートナーは、その様子をきちんと理解して、良き理解者になってほしいと思います。毎日一緒に生活しているパートナーなので、日々の会話を大切にして、普段から体調の変化を見落とさず、様子がおかしいと思ったら早めに対応するようにしてあげましょう。症状はもちろん、症状を改善するためのサポートなど、辛い症状を緩和してあげれるように相手への思いやりを持って接してあげてください。

もうガマンしない!ストレスから解放された更年期障害のホルモン治療

更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが低下してホルモンバランスが乱れるからという話はよく聞きます。そして、エストロゲンというホルモンは、私たち女性が毎日元気に過ごすためにとても重要な役目をしてくれるホルモンになります。

更年期障害の症状で悩んでいる人は、毎日がとても苦痛に感じています。ほてりやのぼせなどホットフラッシュといわれる症状に悩まされたかと思ったら、イライラや情緒不安定な自律神経失調症の症状、また腰痛や関節痛などの身体の痛みがあるときは、心も身体も疲れきってしまいます。書籍やインターネットでも更年期障害の症状を緩和させる方法を読み、いろいろ試したものの効果があまり分からないと思っている人が多いのではないでしょうか。更年期障害の症状にすぐ効く特効薬はありません。症状は人それぞれ異なり、精神的な問題も関係しているので治療方法が確立していないのが現実です。しかし、その中でも病院で受ける治療の代表的なものにホルモン補充療法があります。

ホルモン補充療法とは、更年期に減少するエストロゲンという女性ホルモンを補充することにより、更年期障害の症状を緩和します。しかしながら、ホルモン治療は、長期使用すると乳がんや心臓発作や血栓症などが起こるリスクが高いという報告があるので、治療をするのには慎重に行う必要があります。ホルモン治療のメリット、デメリットを比較した上で、今現在の症状を緩和することを自分が願うのであれば、専門的な病院で検査をきちんと受け、ホルモン治療を受けて症状を緩和させることを勧めたいと思います。人間の身体は誕生して成長して老化を迎えるといった生命の進化があります。この自然に逆らった行為をすることは何らかの支障を来たすものです。なので、一番の理想は、毎日の生活から老化に備える対策を食生活や運動、生活習慣から見直すこと、つまり薬に頼らない生活を過ごすことが大切であると思います。

ストレスからやってくる更年期障害症状の動悸を解消したい

更年期障害の症状には、自律神経症状、精神神経症状、体性神経症状などいろいろなタイプの症状があらわれます。中でも多くの人が発症するものとして自律神経症状である、のぼせやほてり、動悸や息切れがあげられます。

自律神経症状ではホルモンバランスの乱れにより自律神経も乱れ、それに疲れやストレスも複雑に関係して発症してしまいます。動悸などの症状が出たら、しっかり休息をとり気分転換をしてリフレッシュすることも大切になります。

一般的に動悸は、その時の身体の状態によって、血液を送る心臓に負担がかかり、心拍が早くなったり、遅くなったり、強くなったり、弱くなったりと変動がおこり、身体のどこかに弊害があることで酸素を一定の速さで取り込めないときなどにおきます。病的な動悸もあれば、極度の緊張などでも心拍が上がって動悸があることもあります。更年期障害の動悸は、精神的に起こるものではなく、ホルモンのバランスの乱れから自律神経の交感神経と副交感神経のアンバランスな関係から交感神経の方が優位になってしまい心拍数が上がると考えられます。

動悸の症状が出てしまった時は、気持ちを落ち着かせることを優先に考え、大きく深呼吸を繰り返し、ゆっくりと呼吸を整えるようにしましょう。更年期の動悸の処置としては、精神的安定が大切です。日頃の生活で心配ごとがあったり、不安な気持ちを抱いていると症状が現れやすいので、毎日の生活にゆとりを持つように心がけましょう。そして休息や睡眠をしっかり取り、気分転換に自分の趣味や適度な運動もしながら、リフレッシュすることも大事です。

更年期障害の症状は人によって様々であると同時に、解決方法もいろいろです。現在は更年期外来を設けている病院も多く、専門医のカウンセリングをすることで心が穏やかになることもあります。自分で心を落ち着かせる方法を見つけれるといいでしょう。

1 2 3 4 >