40代を過ぎたら更年期障害度チェック

40代を過ぎたら要注意!あなたの更年期障害度チェック

「夏でもないのに、少しでも身体を動かすと汗が大量に出る」「ご飯を食べるときにお茶碗やはしを持つ手がジンジンとしびれる」「寝るときでも靴下が手放せない」など最近不快な症状が出ていませんか?そしてあなたの年齢は40代ですか?

これは更年期障害の症状になります。更年期とは閉経の前後5年ぐらいの45歳~55歳の時期のことをいいます。卵巣の機能が低下して閉経になるので、卵巣機能がなくなるということです。この時期は女性としての身体の変化を迎える時期であるとともに、この変化に備える大切な時期でもあるのです。この大きな変化は、女性ホルモンの低下であり、このホルモンは女性が健康でいるためにとても大切な役目をしていたということです。よって更年期になるとさまざまな身体に変化を及ぼし、更年期障害の症状として不調を与えてしまっているのです。

覚えておきたいのは、更年期に入ったからと言って全ての人が更年期障害にならないということです。更年期に起こる体調不良の症状は更年期に入った人に対して、4人に3人の割合で起こるといわれています。そして、その中の4人に1人が更年期障害として症状が重い人で、病院で診断をされているといわれています。ですので、自覚症状としてあっても、自分自身のセルフケアで症状を緩和することができるのです。症状があるからといって、悩んでいるとどんどん重い症状になっていく可能性が大きくなることを理解しておきましょう。

自覚症状として身体の不調がいくつかあるのであれば、実際に更年期障害度のチェックをしてみましょう。

□顔がほてる、のぼせやすい □汗をかきやすい □動悸や息切れがある □下半身が冷える □手足の末端がしびれる
□眠つきが悪く眠りが浅い □関節痛がある □頭痛やめまいがある □情緒不安定になる □月経不順

以上の項目のうち3つ以上ある場合は更年期症状があるといえます。更年期障害の症状が緩和されるように、日頃から自分自身で適度な運動や規則正しい生活を送ることに心がけましょう。