血管運動神経症状の冷えの悩みを解消

冷えがひどくて困っていませんか?血管運動神経症状の悩みを解消

私たちの身体を張り巡らしている血管は、自律神経によって拡張したり縮小したりしています。顔色が変化するのも、精神状態と関係した自律神経による作用になります。更年期に入ると女性ホルモンが減少して自律神経のバランスが乱れ、血管運動神経症状があらわれます。血管運動神経症状には、ほてりやのぼせ、発汗や冷え性、動悸や息切れなどがあげられます。つまり、冷えもホルモンバランスの乱れによる血行障害が原因で起こるのです。ホルモンバランスの乱れは、身体にあらゆる不調を起こし、ホルモンの作用が血管にとても重要な働きを与えていることがわかります。

冷えがやっかいに思うのは、更年期障害に多い症状であるほてりやのぼせは上半身に起こり、冷えは下半身に感じるということです。自分の身体で暑さと寒さを感じるということは、体温調節がコントロールできなくなっているということです。では、この症状を改善するには身体を温めますか?冷やしますか?どちらがよいのでしょう?正解は温めることです。温めるといっても血行を良くさせながら身体を温めることが重要です。つまり身体の内側から血行を良くするような生活をしましょう。食生活でも血行に良いものを摂取したり、軽度の運動、そしてリラックス効果のある入浴はとても大切でストレス解消にもなります。手足の末端の神経を刺激するようなマッサージも効果的でしょう。血行を良くすることで、ほてりやのぼせなどの他の更年期障害の症状を同時に緩和させることができます。

女性の多くは冷え性に悩みます。若い時の冷えは、更年期に入ってからの冷えの症状をさらに悪化してしまうようです。更年期に入る前から冷え性を改善して血行を良くする生活習慣にしましょう。

冷えに効く治療薬としては漢方薬が主になります。漢方薬は即効性よりも体質改善に効果がみられるので、毎日の生活の中で冷えを予防する生活習慣を心がけるようにしましょう。