エストロゲンの分泌を助けてくれるもの

急激なエストロゲンの低下による更年期障害を防ぐ3つの内容とは

ホルモンバランスが急激に崩れ、めまい、動悸、頭痛などを引き起こす状態が更年期障害で、40代半ばから50代半ばまでを更年期と呼びます。女性の場合は卵巣から分泌されている女性ホルモンの一種であるエストロゲンがとても重要な働きをしています。

しかし、更年期を迎える頃には卵巣機能の衰えからエストロゲンが著しく減少していき、脳から分泌を促されても分泌されないのです。そして、この脳からの卵胞刺激ホルモンとエストロゲンのバランスが上手くいがず、更年期障害の原因となってしまうようです。

エストロゲンの分泌に大きな影響を与えるのが閉経だということで、その状態になるということは生殖機能を停止することになるので、女性ホルモンは必要なくなってしまいます。女性ならば誰にでも必ず訪れる閉経であり、精神的にもショックが無いと言えばウソになりますが、悪化を防ぐ方法が無いわけではありません。症状を和らげるための方法をご紹介したいと思います。

まず、イソフラボンというホルモンが良いとされています。エストロゲンを単独で使用すると健康被害が疑われるので、大豆イソフラボンやザクロの種子などを食事に入れることが良いとされていますし、ローヤルゼリーにもホルモンバランスを調える効果があります。

また、ローヤルゼリー自体がエストロゲンに近い効果を期待出来るとも言われています。それともう一つは高麗人参パワーです。漢方薬として強い薬効で女性ホルモンの分泌を促す働きをしてくれるのです。

以上の更年期障害に有効であると言われる要素を上手く取り入れて、少しでも辛い更年期障害の症状を軽減していただきたいと思います。