ストレスから解放されたホルモン治療

もうガマンしない!ストレスから解放された更年期障害のホルモン治療

更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが低下してホルモンバランスが乱れるからという話はよく聞きます。そして、エストロゲンというホルモンは、私たち女性が毎日元気に過ごすためにとても重要な役目をしてくれるホルモンになります。

更年期障害の症状で悩んでいる人は、毎日がとても苦痛に感じています。ほてりやのぼせなどホットフラッシュといわれる症状に悩まされたかと思ったら、イライラや情緒不安定な自律神経失調症の症状、また腰痛や関節痛などの身体の痛みがあるときは、心も身体も疲れきってしまいます。書籍やインターネットでも更年期障害の症状を緩和させる方法を読み、いろいろ試したものの効果があまり分からないと思っている人が多いのではないでしょうか。更年期障害の症状にすぐ効く特効薬はありません。症状は人それぞれ異なり、精神的な問題も関係しているので治療方法が確立していないのが現実です。しかし、その中でも病院で受ける治療の代表的なものにホルモン補充療法があります。

ホルモン補充療法とは、更年期に減少するエストロゲンという女性ホルモンを補充することにより、更年期障害の症状を緩和します。しかしながら、ホルモン治療は、長期使用すると乳がんや心臓発作や血栓症などが起こるリスクが高いという報告があるので、治療をするのには慎重に行う必要があります。ホルモン治療のメリット、デメリットを比較した上で、今現在の症状を緩和することを自分が願うのであれば、専門的な病院で検査をきちんと受け、ホルモン治療を受けて症状を緩和させることを勧めたいと思います。人間の身体は誕生して成長して老化を迎えるといった生命の進化があります。この自然に逆らった行為をすることは何らかの支障を来たすものです。なので、一番の理想は、毎日の生活から老化に備える対策を食生活や運動、生活習慣から見直すこと、つまり薬に頼らない生活を過ごすことが大切であると思います。