閉経後のエストロゲン欠乏症を元気に過ごす

閉経後のエストロゲン欠乏症を元気に若々しく過ごすポイント

閉経が来る時期は40代後半から50代後半にかけての時期で、この時期を更年期といいます。女性にとって閉経は女性でなくなるような少し寂しい気持ちになります。もちろん子供を産むことは考えていなくても、女性としてホルモンも急激に低下して老化が一気に来るのでは?という不安を抱えてしまいます。それと同時に更年期障害という不定愁訴の原因不明の身体不調になると思うと、自分の身体の衰えを実感せざるを得ない気持ちになってしまいます。

更年期障害といわれる症状には、ホットフラッシュ、手足の冷え、動悸、めまい、疲労感、肩こり、手足のこわばりなどとても多く、更年期に減少する女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)は私たちの身体にとても重要は役割を果たしていると言わざるを得ません。更年期症状はホルモンバランスの乱れだけが原因ではありませんが、更年期は加齢と共に身体のあらゆるところに変化が出ることを身を持って感じるはずです。

更年期は私たちの人生の通過点なので誰もが更年期の症状を経験します。症状の様子は人それぞれで、几帳面で責任感が強い性格の人やストレスを溜めやすい人は、更年期障害の精神的神経症状が強く出やすい傾向があります。毎日の生活の中でストレスを溜めないで発散できる場があること、趣味があること、適度な運動を取り入れること、家族みんなで仲良く過ごすことなど毎日を元気に過ごすポイントはたくさんあります。

更年期に入る前の30代から、健康に気をつけた生活習慣や食生活を見直して更年期症状を軽減する準備ができるとよいでしょう。