更年期障害の治療は主治医と自分自身です

一人一人症状が異なる更年期障害の治療で、それぞれに有効な方法

一般に40代半ばから50代半ばまでを更年期と呼び、その時期のめまい、動悸、頭痛、肩こり、異常な発汗、のぼせなどの症状を訴えると『それが更年期障害というものよ』と言われることがありますが、更年期障害というのは、自覚症状がこれと決まったものではありません。

また、一定でもなく次々と違う症状が現れてくるのが特徴で、過労や不規則な生活や睡眠不足、バランスの崩れた食事などの生活習慣が乱れて、ホルモンや自律神経などに悪い影響を与えた時に更年期障害の障害のは悪化すると言われています。

しかし、病院の医師の指示を忠実に守り、薬を飲んでいたからといっても根本的には治療にはならないのです。なぜなら、更年期障害の症状は人それぞれ違いますので、その分治療も変わってくるわけです。

更年期障害と自律神経失調症というのは、部分的に関係していることが多いと言われています。その理由として、自律神経というのは、脈拍や血圧、体温調整から腸の動きにまで身体を安定させるために重要な役割をしています。なので、それが乱れてしまうと身体に不調が現れることは頷ける気がします。

更年期障害との治療は病院で行う治療とは別に自分自身でも出来る生活改善も重要になってきます。自分自身のちょっとした心がけによって更年期障害の症状が軽減する場合もあるのです。

規則正しい生活、適度な運動とバランスの摂れた食事、ストレスを溜めないことなどで投薬やホルモン治療をしなくても更年期障害を乗り越えることが出来るのなら、それが一番の治療だといえるのではないでしょうか?主治医への相談と自分自身の心がけが何よりも有効な治療だといえるでしょう。